(9)終電が一番遅い

通勤・おでかけ経路(ルート)の選び方。その9は、終電が遅い、つまり仕事が終わるのが遅くなってもまだ電車で自宅に帰れるルートを選ぶということです。

終電が早いと、帰りが非常に遅くなって終電に間に合わないと別の方法で帰ることになり、その分交通費が余計にかかってしまいます。会社が払ってくれるならいいですが・・・。

会社(仕事場)から帰れるのが午後11時〜午前1時位になることが多い人におススメです。

また、一人暮らしなどで住む場所を選ぶ際にもこの点は重視した方がよいでしょう。
終電が早いと、タクシー代やホテル代がかかる可能性が高くなるので馬鹿にできません。

終電を理由にして帰る場合は逆効果ですけど・・・。

■東京・首都圏のホテル・旅館予約 [Yahoo!トラベル]

(8)ダイヤが乱れにくい(事故や遅延など)

通勤・おでかけ経路(ルート)の選び方。その8は、事故や遅延が多くダイヤ乱れが発生しやすい路線を避けることです。

特定の路線名を挙げると誹謗中傷っぽくなるので挙げませんが、「○○線は人身事故が多い」とか「○○線は必ず遅れていつも遅刻してしまう」とか言われる路線を聞いたり見たり、実際に利用してそう感じたりしていませんか?

時刻表どおりに運行すれば時間がかかったとしても、ダイヤ乱れがなければ、予定した時間どおりに目的地にたどり着くことができます。

また、駅と駅との間でしばらく電車に閉じ込められたり、振替乗車券や遅延証明書をもらうために駅で何十分も並ばされたり、どう行けばいいのか駅員に聞いて後ろの人の迷惑になったりすることはありません。

■東京・首都圏のホテル・旅館予約 [Yahoo!トラベル]

(7)最寄駅よりもダイヤが便利

通勤やお出かけに電車を使う場合、何も自宅や目的地の最寄駅を利用しなければならないという義務はありません。

●最寄駅の1つ手前(先)でしばらく停車する。(2本以上電車に抜かされる場合に多く発生する)
●最寄駅は特急・急行・快速の通過駅であり、手前(先)の停車駅で各駅停車との接続が悪く、長時間待たされる。
●最寄駅の1つ手前(先)で他の路線に乗り換える。(ターミナル駅の次が最寄駅)

ような場合は、最寄駅の1つ手前(先)の駅を利用した方が早いことがあります。

途中でしばらく待たされるような駅を利用していて、隣にある便利な駅との間が目的地だ、という人は利用する駅を変えることを考えてみてください。

結構距離があっても、自転車などを使えばあっという間です。

■東京・首都圏のホテル・旅館予約 [Yahoo!トラベル]

(6)他の経路より乗り換えが便利(乗換回数が少ない)

東京の電車を利用する場合に出る質問の中には、乗り換えに関するものが多いです。乗り換えの際に迷ったり間違ったりするのが心配なのだと思われます。

東京の電車に乗りなれていて、迷わず乗り換えができる人が一緒にいればよいのですが、そういう人がいない場合には、できるだけ乗り換えが少ない・便利なルートで行くことをオススメします。

例えば、羽田空港から浅草に行く場合は、モノレールに乗って浜松町に行って乗り換えるよりも、京浜急行(都営浅草線直通)に乗れば途中で迷わずにすみます。

※普段、羽田空港からだとモノレールの方が、行先がわかりやすい(浜松町行きのみ)ため「都心部に出る」ときには迷わずにすみます。


「乗り換えが便利」というのは、例えば、下りたホームのすぐ隣(階段等の乗降なし)が乗り換えのホームがあるといったケースを指します。

例えば、東海道新幹線から成田エクスプレス(成田空港方面)に乗り換える場合・・・

東京駅で乗り換えると、人通りの多く長い通路を進んだ後、さらに階段やエスカレーターを3回下りなければなりません。

一方、品川駅で乗り換える場合は、乗り換え口の改札を出て2つ目の階段を下りればすぐ成田エクスプレスのホームに着きます。

■東京・首都圏のホテル・旅館予約 [Yahoo!トラベル]

タグ:乗り換え

(5)帰りに座れる可能性が非常に高い

(4)で、朝ラッシュ時に座れる経路という選び方を紹介しました。
しかし、個人的には「帰りに座れる可能性が高い」方を重視することをオススメします。

その日一日仕事をし、疲れた体でようやく帰れるというときに、満員電車で長い時間立ち続けるのは大変です。しかも、ダイヤや時間帯によっては朝ラッシュ時よりも混雑する電車もあります。

だからこそ、帰りの着席を考えた方がよいと思うのです。

確実に座りたければ、
 ○都心のターミナル駅(始発駅)から乗車する。
 ○着席定員制の有料電車(ホームライナーなど)に乗車する。

路線によっては都心部始発やホームライナーがないところもありますが、始発駅になるべく近い方から乗ると、空席があったり、目の前に座っている人が途中で降りたりする可能性が、先の駅から乗った場合よりも高くなります。

私自身は、路線検索(所要時間重視)で2番目に出る経路を通勤に使用していますが、帰りに座れる可能性が高い方を重視しているからです。

皆さんも、通勤経路を見直してみましょう。私も可能な限りアドバイスします。

■東京・首都圏のホテル・旅館予約 [Yahoo!トラベル]

(4)行きに座れる可能性が非常に高い

一番嫌なのは、朝、一番混んでいる電車にもみくちゃにされることだ!という人に特にオススメです。

⇒ 続きを読む

■東京・首都圏のホテル・旅館予約 [Yahoo!トラベル]

(3)一番早く家に帰ることができる

通勤ルートを選ぶとき、朝ラッシュ時のことは考えていても、帰りの電車のことは考えていない、ってことはありませんか?

実は朝ラッシュ時よりも帰りの方が重要ではないか、というのが私の意見です。

その日の仕事が終わるとすでにくたびれているはずで、すぐに家に帰りたいと思うのではないですか?

そんな方に、朝は少し時間がかかるかもしれないが、帰りに一番早く家に帰ることのできるルートをおすすめいたします。
(まぁ、帰りに所要時間が一番小さいルート=行きに所要時間が一番小さいルートかもしれませんが・・・)

■東京・首都圏のホテル・旅館予約 [Yahoo!トラベル]

定期券を買いに行くのが面倒です

今月の給料は定期代と一緒に振り込まれていました。

「前回定期を買ってから、もう6ヵ月経つのかぁ。」っていうだけならいいのですが、買いに行くのが面倒。(結構そういう人多いんじゃないですか?)

自宅の最寄駅では定期券を買えないので、以前は隣の駅までわざわざ行って買っていました。

一応職場の最寄駅には定期券うりばがあるのですが、職場に近い出入口からホーム(の上の階)を端から端まで歩き、さらに歩いた先にあるのでかなり遠い。

さぁ、今度はどうしようかな。(他の人に頼めれば楽だけど・・・)

■東京・首都圏のホテル・旅館予約 [Yahoo!トラベル]

タグ:定期券

(2)一番遅く家を出られる

「朝の通勤時間帯に一番遅く家を出られる」ということは、朝一番速い電車に乗ることを言います。

ラッシュを少しでも避けるためには、朝の通勤時間を短くする、というのも一つの方法です。そのためには、

(1)後続の電車の方が早く目的地に着くならば来た電車には乗らない。

 例えば、先発電車は各駅停車だが、次発の急行電車に後で抜かされる場合は、急行電車の方に乗る。

(2)出発駅には停車しないが、途中で抜かされる場合はその電車に乗り換える。

 例えば、自宅の最寄駅が急行通過駅であるが、数駅先で急行に接続する場合はその駅で急行に乗り換える。

(3)別の路線の方が早く目的地に着く場合は、その路線に乗り換える。

 A線を利用しても会社の近くの駅に行くことができるが、途中の駅でB線に乗り換えた方が早く着くならばB線に乗り換える。


※特定の地域の人しか理解できないとまずいので一般論で説明しようとしましたが、訳分からなくなってしまいました。 個別に質問してもらえれば、その人に合った事例で説明いたします。

■東京・首都圏のホテル・旅館予約 [Yahoo!トラベル]

(1)交通費(定期代)が一番安い

観光・受験・面接などのため自腹で電車を利用する人はもちろん、サラリーマンでも

・会社から交通費が支給されない
・会社からの通勤手当が一律支給
・最安値の定期代しか支給されない

という人はいます。

そういう人の中で、交通費で無駄な出費は避けたい人におすすめしたい選び方です。

「交通費(定期代)が一番安い」の続きを読む

■東京・首都圏のホテル・旅館予約 [Yahoo!トラベル]