通勤ルートを考えよう 〜通勤経路の選び方〜

東京都心で働くサラリーマンの皆さん。毎日お仕事おつかれさまです。

さて、皆さんは仕事中だけでなく、行き帰りの通勤でも疲労が蓄積されていませんか?
確かに、ラッシュの電車に何十分も乗っていくわけですから当然でしょう。でも、通勤経路の選び方次第ではその疲労蓄積を抑えることができるはずです。

私(当ブログ管理人)は、複数の候補から自分に合った通勤通学ルートはどれか?というのを高校通学のころからいつも考えてきました。

その結果、当たり前だろ!とツッコミたいかもしれませんが、主に以下のいずれかを基準にルートを決めるとよいことを導きました(人によってどれを基準にするかは違います)。

 (1)交通費(定期代)が一番安い
 (2)一番遅く家を出られる
 (3)一番早く家に帰ることができる
 (4)行きに座れる可能性が非常に高い
 (5)帰りに座れる可能性が非常に高い
 (6)他の経路より乗り換えが便利(乗換回数が少ない)
 (7)最寄駅よりもダイヤが便利
 (8)ダイヤが乱れにくい(事故や遅延など)
 (9)終電が一番遅い

これまで通勤経路を適当に決めていたという人や、これから東京近郊で住まい探しをする人は、今後必見だと思います。

■東京・首都圏のホテル・旅館予約 [Yahoo!トラベル]


この記事へのトラックバック