「迷子になりそうなポイント」とは (1)

前号で「迷子になりそうなポイント」について、

(1)同じホームにいろいろな方向の電車が来る
(2)同じ方向の電車が別々のホームに停まる
(3)乗換駅の構内が広すぎる、または複雑だ

と説明しました。

今回は、「(1)同じホームにいろいろな方向の電車が来る」場合について、具体例を使って解説したいと思います。

◇池袋〜大崎 <埼京線,湘南新宿ラインなど>
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この区間は、山手線と並行してもう一つ複線があり、同じ線路上を埼京線と湘南新宿ライン、及び各方面への特急列車が走っています。

その上、埼京線はりんかい線(JRではない)に直通するために、電車が2種類あり、行先・種別(各駅停車・快速・通勤快速)が何パターンかあります。

湘南新宿ラインも、行先や種別(普通・快速・特別快速)が幅広く、慣れない人だと、どこへ連れて行かれるのかわからなくなると思います。

東京の電車に不慣れな人がこの区間で電車を利用するならば、並行する山手線を利用した方がよいでしょう。


◇中野〜三鷹<中央・総武線,地下鉄東西線>
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
オレンジの快速であれば特に問題はないのですが、黄色・水色の電車に乗る場合は要注意です。

この区間はJRの路線なのですが、地下鉄東西線が乗り入れているため、上り電車は、総武線各駅停車(黄線の電車)と東西線直通(水色の線の電車)が同じホームに停車することになります。

さらに困ったことに、どちらの路線にも西船橋行き・津田沼行きがあるので、行先だけで判断することができず(日中であれば西船橋行きは東西線、津田沼行きは総武線)、駅や車内のアナウンス、電車の横線の色で判断するしかありません。

注意して乗らないと、新宿方面に行くはずの人が地下鉄に入ってしまったり、早稲田方面に行きたいのにいつまで経っても地下に入らなかったりします。


◇羽田空港〜京急蒲田<京浜急行線>
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
行先にバリエーションがありすぎて迷いやすい代名詞といえるのが京浜急行羽田空港駅です。ここから出る電車の行先を並べてみると、

蒲田・品川・泉岳寺・押上・青砥・高砂・佐倉・宗吾参道・成田・成田空港・芝山千代田・印西牧の原・印旛日本医大・川崎・金沢文庫・新逗子・浦賀・久里浜・三崎口

となります。全部が全部同じ時間帯にあるわけではないですが、ここまで来るとどこに連れて行かれるのか心配になる人が多いかもしれません。

地方から羽田空港に来た場合、たいていの人は東京都心に向かうと思います。上に挙げた行先のうち、

*「品川」〜「印旛日本医大」行
  ⇒京急の玄関口である品川駅(山手線乗り換え)に行けます。

*「泉岳寺」行
  ⇒終点で都営浅草線に乗り換えられます。

*「押上」〜「印旛日本医大」行
  ⇒都営浅草線(新橋・東銀座・日本橋・浅草方面)に直通。

*「川崎」〜「三崎口」行
  ⇒蒲田から東京方面とは反対の、横浜方面に向かいます。
   (川崎行き以外はそのまま横浜駅まで行けます)

ここは行先以外で判断するのはかなり難しい(全面赤色の電車以外なら横浜方面に行かない、日中8両は品川方面で4両は横浜方面、などの区別はありますが)ので、

*どこに連れて行かれるのか不安なのはイヤだ、という人
  ⇒東京モノレール(全部浜松町(山手線乗り換え)行き)

*乗り換えはできるだけ少なくしたい、という人
  ⇒京浜急行線
  (目的地によるが、浅草線直通で乗換回数少ない場合が多い)

ということになるでしょう。


◇JR武蔵野線・京葉線
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
東京方面から舞浜に向かう人には特に問題にならないのですが、南船橋や海浜幕張に向かう人は要注意です。

オレンジ色の線の入った電車は武蔵野線直通電車で、市川塩浜を出ると西船橋方面に行ってしまい、南船橋・海浜幕張方面には行きません。

海浜幕張や南船橋から東京方面にいく場合も、オレンジ色の線の入った電車に乗ると、南船橋から西船橋方面に行き、東京方面には行きません。

オレンジとワインレッドでは見分けがつきにくいかもしれませんが、一応電車の帯の色が違うので、色で方向を判断することは可能です。

それではわからん!という人は、行先で判断でしょうか。府中本町・東所沢・西船橋行きならば武蔵野線直通電車で、それ以外は京葉線の電車と思っていただけたら結構です。


◇東急目黒線
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
東急目黒線目黒方面のホームには、

a)東京メトロ南北線直通  b)都営三田線直通  c)目黒行き

の3パターンの電車が発着します。c)は途中止まりなので除くと、途中、地下鉄の白金高輪駅で分かれる2系統の電車が、同じホームに混在しています。

白金高輪で他方面の電車に接続するので、a),b)どちらが来ても乗ればいいのですが、自分が乗っている電車がa),b)どちらなのか把握しないと、違う方向に連れてかれることになってしまいます。

一応見分ける方法としては、
・電車の帯が緑系⇒南北線(麻布十番・永田町・飯田橋方面)
・電車の帯が青系⇒三田線(日比谷・大手町・神保町・巣鴨方面)
・電車の帯が赤系⇒行先表示・アナウンスで判断
  浦和美園・鳩ヶ谷・王子神谷など⇒南北線
  西高島平・高島平       ⇒三田線


他にもありますが、一応ここで説明を終わります。


■東京・首都圏のホテル・旅館予約 [Yahoo!トラベル]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38833921
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック